iPadの操作が格段にラクになる!覚えておきたい複数指でのタッチ操作5選|iPad Hacks

【iPad Hacks_13】

iPadで複数アプリを切り替えて使う場合、iPhoneと同じようなインジケーターバー(画面下の白いバー)で操作をしていたら手間がかかることもあります。複数指で行う「ジェスチャー操作(マルチフィンガーアクション)」を活用することで、アプリ切り替えなどを素早く行えます。本稿では、こうした複数指を使ったタッチ操作について、主な5つの操作をチェックしていきましょう。

 

1)4本指で左右スワイプ

iPadで2つの異なるアプリを別々に起動してい流場合、指4本で画面スワイプを行うと、それらを素早く切り替えられます。

▲画面タッチでは、指4本で左右にスワイプすると、起動中のアプリを切り替えられる

また、Magic Keyboardなどのトラックパッドを活用する場合には、指3本で左右のスワイプを行うと、同様の操作が行えます。

▲トラックパッドでは、指3本で左右にスワイプすると、起動中のアプリを切り替えられる

ちなみに、Split Viewなどの機能で複数アプリを表示している場合には、表示しているウィンドウのセットごとに切り替わります。

 

【次ページ】操作の取り消しやコピペもできる

この記事のタイトルとURLをコピーする