使い分けは面倒なのでUSBのType-CとAを一緒にしました

パソコンユーザーにはおなじみのUSB。長らく主流だったUSB Type-A(USB 3.0まで)ですが、最近では次世代規格のUSB Type-C(USB 3.1)と、それに対応する機器が急速に普及しています。使う機器に合わせてケーブルを使い分けるのも手ですが、両者が一本で使えれば、いうまでもなくもっと便利ですよね。

【次ページ】1本カバンに入れておけば安心!

関連するキーワード