360°カメラが4K対応に!まるっと音声まで撮れますよ

最近のカメラは全天球=360°の記録が可能になり、構図を切り取るのではなく、自分を取り巻く空間そのものを写真や映像に残せるようになりました。これにより、撮影された空間を追体験したり、遠く離れた家族や友人などが、まるで一緒にその場所にいるかのような体験の共有を可能にしてくれるというものです。

つまり、360°撮影とは「そこに在った」という感覚そのものを保存する方法なんですね。そんな360°カメラが4K対応に進化を遂げました!

【次ページ】360°全てをリアルな世界を記録

関連するキーワード