人気の“チンク”がSUVに!フィアット「500X」待望の上陸

キュートかつスタイリッシュなコンパクトSUVが、日本に上陸! フィアット初のSUV「500X」の発表会が、東京の二子玉川で行われました。

10月24日より販売が開始される500Xは、その見た目から想像できるように、3ドアハッチの人気コンパクトカー「500」のイメージを上手に活かしたコンパクトSUVです。シャーシなどのプラットフォームは全くの新設計と、フィアットの力の入れようが伝わってきます。「チンクエチェントは欲しいけれど、ちょっと小さ過ぎる…」と感じていたユーザーにとって、待望の1台といえるでしょう!

グレードは3種類。FF(前輪駆動)の「ポップスター」(286万2000円)、それにレザーシートや18インチホイールを装着した「ポップスタープラス」(307万8000円)、そして、4WDモデル「クロスプラス」(334万8000円)が用意されます。300万円を切ったエントリープライスに、「オッ!」と思う人も多いのでは?

エンジンは“マルチエア”と名付けられた1.4リッターの直列4気筒ターボ。駆動方式によって出力が異なり、デュアルクラッチ式の6速ATと組み合わされるFF車は、最高出力140馬力、最大トルク23.5kg-m。贅沢な9速ATが与えられる4WDモデルは、170psと25.5kg-mとなります。

■最も熱い小型SUV市場に現れた台風の目!?
続きを読む

関連するキーワード