今いる場所を数値化するアウトドア系スマートウォッチ

夏もいよいよ本番。暑い日が続きますが、外出やアウトドアの際に天候や気温、湿度と共に気になるのがUV(紫外線)ですよね。紫外線を浴びすぎると、シミやそばかすのもとになることはもちろん、皮膚がんや白内障などの病気になりやすいことも明らかになっているそう。気象庁でも毎時間ごとのUV指数などの情報を提供し、注意を呼び掛けています。

そんな紫外線量を測定できるUVセンサーを搭載したのが、Alpina(アルピナ)のスマートウォッチ「Alpiner X(アルパイナーX)」(12万1000円)。気温、高度、気圧、コンパスの測定機能も新たに追加し、山登りなどのアウトドアに最適な一本です。

【次ページ】新たに2つのセンサーを搭載

関連するキーワード