主張し過ぎないシンプルデザインとメカニックな機械式が融合

KLONは、グラフィックデザインを中心としたデザインワーク全般を手がけるタイタン・アートによるファッション雑貨ブランド。シンプルで均整のとれた美しいフォルムと、すべての装飾を廃した潔いデザインながら静かに個性を主張する、MADE IN JAPANクオリティのウォッチを生み出しています。

そんなKLONより新登場した機械式腕時計「KLON AUTOMATIC WATCH」は全4種類。

どれも、左右どちらに付けても回しやすいようにリューズ位置をセンターに配置し、厚みのあるケースと相まって、アナログのストップウオッチのような個性的なフォルムに仕上がっています。

「KLON AUTOMATIC WATCH -STANDARD-」は、1から12までの数字を表記したスタンダードモデル。そのほかの3モデルは、インデックスにそれぞれひと工夫が凝らされています。

▲「KLON AUTOMATIC WATCH -STANDARD-」

「KLON AUTOMATIC WATCH -HIDE TIME-」は、上部を隠したアラビア数字が個性的なモデル。

▲「KLON AUTOMATIC WATCH -HIDE TIME-」

「KLON AUTOMATIC WATCH -ALPHABET TIME-」は、「1」は「ONE」の頭文字の「O」、「2」は「Two」の頭文字の「T」など、数字の英語表記の頭文字を配置したデザインが斬新です。

▲「KLON AUTOMATIC WATCH -ALPHABET TIME-」

窪塚洋介さん着用モデルの「KLON AUTOMATIC WATCH -MOCK NUMBER-」は、一見シンプルな数字に見せかけて、よく見ると「3」は「E」、「5」は「S」、「10」は「ID」といった英字が居座っています。

▲「KLON AUTOMATIC WATCH -MOCK NUMBER-」

どれも、暗所でダイアルに浮かび上がるマークが施され、透明な裏蓋から覗くムーブメントも魅力的です。価格は4種類とも 6万9696円。KLON公式通販サイト、各店舗にて発売中です。

>> KLON

 


[関連記事]
「カレラ」のDNAを継ぐタグ・ホイヤー新機構搭載モデルに注目すべき理由

エアラインをモチーフとしたブライトリング、第1弾はスイスエア

平和の象徴?世界で最も“付加価値のある金属”で作られた時計とは?


(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード