お札も小銭もカードも領収書も入る!小さい財布だけど収納力バツグンです

「小さく持てて、当たり前に使いやすい」財布として生まれたのが「SKIP」。折り畳むとW75×H100×D18mmとコンパクトながら、お札を折らずに収納でき、外側に小銭入れを装備。カードは4スリットに8~10枚収納できる高スペックっぷり。

東京・東十条で3代続く財布職人のブランド・READY OR ORDERが、本当の使いやすさを追求し、完成するまでに何度も試作を重ね、型紙を7パターン起こした末に生まれた。デザインから縫製までの全工程をREADY OR ORDERで一貫生産。MADE IN TOKYOの高品質が保証されている。

外革にはドイツ・ペリンガー社が提供する “シュランケンカーフ” を採用。フランスの某トップメゾンも採用する高級レザーで、クロームなめしのシュリンクレザーで圧倒的な発色の美しさと、くっきりとしたシボ感を持ち、傷や汚れが目立ちにくいのが魅力だ。

▲キーポケットを装備しているので、カードの代わりに鍵も入れられる

コバ(裁断面)の処理には樹脂を盛らず、本磨きと呼ばれる手法を使って自然な風合いに仕上がっている。樹脂の劣化がないため、永く使い続けられるのも職人のこだわりだ。自社で革を薄くする革漉きを行い、革に柔軟性を持たせたため、小銭も入れやすく、品質の高い国産ホックを使い、開閉もスムーズ。

ブラック、ダークネイビー、ライトブルー、オレンジ、ライトグリーン、トープの6色展開。3月3日現在、1個1万9440円から支援を受付中。他にも2個セット、5個セットのコースなども用意されている。プロジェクトは2019年3月15日18:00まで継続中。

>> Makuake「SKIP」

 


[関連記事]
家具用高級レザーで作られたミニ財布はキャッシュレス派の人にピッタリな構造です

収納力バツグンのこのミニ財布、海外旅行にもピッタリでした!

ミニ財布を分割して、よりミニマムに持ち歩こう!


(文/&GP編集部)

トップページヘ