アウトドアデビューするなら背負いやすいリュックは必需品です

▲「Tahoma 40L」

JanSportより発売中の「Tahoma(タホマ)」(2万1600円)はクッション性に優れたバックパネルと、背面中央に搭載された独自の通気チャンネルにより快適な背負い心地を実現したエントリー層向けアウトドアリュックです。

 

独自システム “ムーンリフトサスペンション” を搭載しているのが大きな特徴のひとつ。動きに合わせてショルダーストラップのサスペンションが稼働する仕組みで、荷物がたくさん入っている時でもリュックが揺れるのを抑え、肩への負担を軽減してくれます。

▲ 「Tahoma 27L」

3Lのハイドレーションや15インチのノートPCを収納できるパッド入りのスリーブや、ウォーターボトルを挟んで持ち運べるメッシュポケットを正面と両脇に備え、さらにトレッキングポールを装備できるギアループを搭載するなど収納面・機能性も充実しています。

価格は容量40リットルのモデルが2万9160円、27リットルが2万1600円です。背負い心地の快適さと機能性を兼ね備えたリュックでアウトドアデビューしてみませんか?

>> JanSport「Tahoma」

 


[関連記事]
ガチスペックにしびれる!アークテリクスの新作バックパックに刮目せよ

ひとつあると便利!手のひらサイズに収納できる本格防水リュック

「ザ・ノース・フェイス」の本気が詰まっているテクニカルバックパック


(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード