味あるオトコを目指せ!自分でエイジングできる革財布

BUFFING

デニムもそうだが、革製品も新品のパリッと張りがある表情のもの、使い込んだビンテージ感あるものそれぞれに良さがある。だが、使い込んだ“味”を出すには長い年月が必要だ。そんな“風合い”を意図的につくりだすことのできる、まったく新しい発想の「BUFFING(バフィング)」の革財布が登場した。
 

関連記事:小さっ!財布に入るスマホ充電ケーブル

 
■使い込んだ風合いの秘密は「4層塗り」 続きを読む

関連するキーワード