勝手に飛ぶ!DJIの最新ドローンは変形するフライング“ロボット”!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨今、ドローンが話題になり、ここ数年だけで多彩なドローンが発売されてきた。そして今回、業界を牽引するメーカー「DJI」が、ユーザーを捉えて自動で追いかけながら撮影するという、これまで待望されていた機能を搭載したモデルをリリース。そんな「Mavic Pro」の発表会が先日行われたので、機体とともに詳細を見ていこう。

mavic (3)
持ち運ぶ際には折り畳めるドローン。最大で時速64.8kmで飛行でき、7km先までの操作が可能(日本国内では4kmまで)。被写体を追跡しながら、内蔵カメラで動画や静止画の撮影が可能。動画は4Kで毎秒30フレーム、静止画は最大1200万画素での撮影に対応。飛行時間は約21分〜27分。日本での価格は11万9800円で、10月15日から発送予定。

[関連記事]垂直離陸して水平飛行へ!パロットの新型ドローンが楽しすぎる!

■無数のセンサーやプロセッサーを駆使して、自律飛行を可能に

続きを読む