うわっお酒臭い!を防げるアルコールチェッカー

楽しいお酒は量とペースが進みがち。とはいえ、翌朝に響くような深酒は仕事だけでなく、自身の体にも大きなダメージを与えてしまいます。そうならないためにも「自分はどこまで飲んでも大丈夫なのか?」をあらかじめ把握しておくことはとても重要です。

■適切なアルコール量を知れば二日酔いともさようなら!?

続きを読む