【マツダ CX-5で甲州ワイナリーをめぐる旅】ロングドライブで実感した人気SUVの進化と真価

2017年2月にフルモデルチェンジした、マツダのクロスオーバーSUV「CX-5」。マツダの次世代技術“スカイアクティブテクノロジー”を全面採用した初代モデルの後を受け、2世代目は車両運動制御にも最新テクノロジーを採用するなど、進化を遂げています。

さて、クロスオーバーSUVといえば、アウトドアレジャーなどに使われる方も多いのではないでしょうか。となると気になるのは、ロングドライブでの快適性や実用性。今回は、神奈川の横浜から、山梨と長野にまたがる八ヶ岳まで、往復500kmのロングドライブに出掛け、改めてその実力を検証することにしました。

【次ページ】CX-5でロングドライブへ。始まりは“峠道”から