【ヤマハ SR400試乗】不死鳥のように再復活!スタイルそのまま、排ガス性能の進化で現代にアジャスト

“変わらない”ためには、変えなければいけない…。これは、マツダ「ロードスター」の開発陣の皆さんからよくお聞きしたフレーズですが、そのことは、4輪も2輪も違いがないようです。

“変えない”ために変わってきたバイクの代表例が、ヤマハの「SR400」。現在、販売されている現行モデルを前にしても、“にわかライダー”の自分などは「全然、昔のママじゃね!?」などと思ってしまいます。世のバイク乗りにそう感じさせるため、エンジニアの方々はずいぶん苦労されていることでしょう。

【次ページ】二度目の復活を果たしたヤマハの看板モデル

関連するキーワード