1974年登場の「ワンスター」がジャパンメイドで復活! ホントそのまんまです

コンバースのアイコニックなスニーカーといえば「オールスター」「ジャックパーセル」ですが、もうひとつ忘れてはならない名品があります、それがコレ! 「ワンスター」です!

もともとワンスターは、1974年にNBAなどのプロ向けに開発されたバスケットボールシューズ。当時、プロ仕様のスポーツシューズには機能性が求められるようになってきて、そのためキャンバス素材ではなく耐久性の高いアッ パーが求められました。ちなみに高品質素材を選んで製造していたことが原因で製造が間に合わず、ワンスターは数年で生産が終了してしまったというお話もあるくらい。

そんな1974年オリジナルのクオリティをメイドインジャパンで忠実に再現したのが、今回お試しする「ワンスター J VTG」なのです!

本作はシューレースや星の大きさなど、1974年発売当時のデザインを、メイドインジャパンならではの技術力で忠実に再現しています。

アッパーの素材にもこだわっていて、風合いの良いソフトなスエードを使用し、当時の鮮やかな発色だったグリーンを表現。兎にも角にも全ての面において、70年代オリジナルワンスターの魅力を現代へと伝えています!

 

【次ページ】通常モデルとは存在感が違う!