【プジョー308GTi試乗】左ハン+6MTの古典派ホットハッチ。痛快な走りは想像以上!

プジョーの最新ホットハッチ「308GTi」は、年代によってその受け止め方が違うかもしれません。

元祖ホットハッチたる初代フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」に憧れた世代は、「古典的なホットハッチの復活だ!」と眼を細め、AT車とAT限定免許が当たり前の環境で育った人たちは「また随分とマニアックですね」とあきれる…、いや、驚く…。

日本への輸入が始まった“ホッテスト308”こと308GTiに設定されるのは、なんと左ハンドルのみ!

トランスミッションも、2ペダル式のいわゆるツインクラッチタイプではなく、ドライバーが自分の足でクラッチペダルを踏んでギヤを変える、コンベンショナルな3ペダル式のみです。

_MG_7816b

ひと昔前(ふた昔前!?)まではコレが当たり前で「いわずもがな」のことでしたが、あらためてMTの種類を説明しなければならないところに、時の流れを感じます。いうまでもありませんが308GTi、AT免許では乗れません。

エンジンは“ノーマル”の308が1.2リッター3気筒ターボ(130馬力/23.5kg-m)を積むのに対し、GTiは1.6リッター直4ターボを搭載します。最高出力は、270馬力と250馬力の2種類。そのため308GTiは「308GTi 270 byプジョー・スポール」と、「308GTi 250 byプジョー・スポール」の2グレード展開となります。価格は、270が436万円、250が385万円です。

 ■プジョー・スポールの名が伊達じゃないことを走りで証明

続きを読む