軽自動車の最高出力は「64馬力」!なぜ今もこの自主規制は残っているのか

日本独自の自動車規格で、全国で多くの人の日常を支えている軽自動車。現在の規格は1998年10月から適用されているもので、

全長3400mm以下
全幅1480mm以下
全高2000mm以下
排気量660cc以下

となっています。この規格には含まれていませんが、もうひとつ、軽自動車には制限があります。それは「最高出力64馬力以下」というもの。これは軽自動車メーカーが設けている自主規制ですが、この自主規制が生まれた頃のホットモデルがにわかに盛り上がりを見せています。

今回は今乗ると熱い軽自動車を、64馬力自主規制が生まれた背景とともに紹介しましょう!

【次ページ】自主規制誕生の裏には…