自宅のIHでも“かまど飯”が炊ける!釜浅商店の南部鉄器「ごはん釜」が登場

ごはんを一番おいしく炊き上げるには「鉄釜」と「かまど」が必要です。とはいえ、現代の台所ではそういった環境が揃わないのも事実。そのため家電メーカーは、かまど炊きのごはんを再現するべく、火力を強くしたり、内釜の素材にこだわったりしています。

一方、家電ではなくごはん釜でそのおいしさを追求しているのが、釜浅商店の「釜浅のごはん釜」です。明治41年創業の料理道具店が生み出したごはん釜は一体どんなところにこだわっているのでしょうか。

 

【次ページ】うどん釜をベースに新たな釜を開発