【レガシィ アウトバック試乗】アウトドアの良き相棒!タフ&アクティブなX-BREAK降臨

■イエローグリーンのアクセントがX-BREAKの証

今回の試乗車は、“SUBARU 60周年 特別記念車”と銘うたれる「レガシィアウトバック X-BREAK(エックス・ブレイク)」です。「フォレスター」に続いて採用されたX-BREAKのグレード名から察せられるように、“最低地上高=200mm”という高い悪路走破性を示すスペックを持つアウトバックに、さらにアウトドアテイストを盛り込んだ特別な1台です。

イエローグリーンのラインが入ったフロントグリル、前後のドア下端に備わるクラッディング(樹脂製の保護パーツ)、フロントドアに付けられた、やはりイエローグリーンの「OUTBACK」エンブレムが、X-BREAKの証。

ブラックカラードドアミラーや、ダークメタリックにペイントされた18インチホイールが、ルックスをグッと引き締めます。

この特別なアウトバックを、「愛車としてガンガン使いたい!」。そんなことを考えている人が注目するのは、ガッシリとしたルーフレールでしょう。“クロスバービルトインタイプ”とうたわれる通り、レール下部に組み込まれたバーを90度回転させて引き出すことで、ルーフ上を前後に2本、荷物搭載用のバーを横断させることができます。バーの固定は、片端の突起をホールに押し込むだけと簡単。あとは、運びたいギアに合わせ、アタッチメント(別売り)を調達するだけです。

そしてドアを開ければ、イエローグリーンのステッチが入った内装が迎えてくれます。インテリア全体は、ブラック&シルバー(メタルメッシュ)でクールな印象。シートは、一見、何の変哲もない“ファブリック+合成皮革”のコンビネーションタイプに見えますが、実は撥水加工が施されています。外でちょっと濡れてしまった荷物を置く時などに、あまり気にしないで済むのがいいですね。

559L(VDA法)の容量を誇るラゲッジスペースには、フロアに縦方向の細い樹脂パーツ“ラゲッジスムーザー”が貼られ、重い荷物の出し入れを容易にしています。床下には、2分割された収納スペースが設けられ、人目に触れたくない、はたまた隔離しておきたいモノを入れておくのに便利。併せて47Lと、実用的な広さが確保されます。

もちろん、リアシートは6:4の分割可倒式。荷室の側壁に設けられたレバーを引くことで、わざわざ後席に回ることなく、それぞれの背もたれを倒せます。クルマの荷物搭載量は、ボディサイズがストレートに響いてくるものですが、アウトバックのラゲッジスペースは、さらに使いやすく目配りされているのです。ちなみに、X-BREAKのリアゲートは、ボタンひとつで開閉できる電動式となっています。

■大排気量エンジンをユルユルと回して走る贅沢

ヒーター付きの本革巻きステアリングホイールを握って走り始めれば、2.5リッターのボクサーエンジンが、自然なフィールでトルクを紡ぎ出します。水平対向4気筒エンジンのアウトプットは、最高出力が175馬力/5800回転、最大トルクが24.0kgf-m/4000回転。駆動力は、“リニアトロニック”ことマニュアルモード付きCVTを介し、4輪に流されます。

小排気量ターボがクルマ業界のトレンドになっている昨今にあって、2リッターオーバーの自然吸気エンジンをユルユルと回しながら走るのは、なんだか贅沢な気分ですね。スロットルペダルを踏んだとたんに「いきなり大トルクが!」とはいきませんが、落ち着いた出力特性が大柄な“シャコ高ワゴン”によく合っています。必要ならば、スロットルペダルを踏み込めば、十分以上の力を得られます。

レガシィアウトバックを運転していて、「いかにもスバルのクルマだな」と思わされるのが、おおらかな外観の割にシャープなハンドリング。ステアリング操作に対するレスポンスが良く、足回りは意外と硬めにしつけられています。コーナリングでだらしなくロールするようなことはありません。

最新のレガシィシリーズの一員として、X-BREAKの運転支援システムは、昨2018年に改良された“アイサイト”が採用されています。“ブツからない工夫”はこれまで通りに、さらに前方を行くのが歩行者や自転車の場合には、衝突回避のための自動ブレーキが早めに作動するようになりました。また、ATセレクターレバーの入れ間違いや、アクセルとブレーキの踏み間違いが疑われる場合にも、プリクラッシュブレーキが働きます。あらかじめ前方の障害物を認識し、うっかり発進を防いでくれるのです。

特別装備がおごられ、よりタフに装ったアウトバック X-BREAKの価格は340万2000円。ノーマルアウトバックの「標準」グレードが329万4000円、「リミテッド」が356万4000円ということを考えると、なかなか狙い目ではないでしょうか。

<SPECIFICATIONS>
☆X-BREAK
ボディサイズ:L4820×W1840×H1660mm
車重:1580kg
駆動方式:4WD
エンジン:2498cc 水平対向4気筒 DOHC
トランスミッション:CVT(リニアトロニック)
最高出力:175馬力/5800回転
最大トルク:24.0kgf-m/4000回転
価格:340万2000円

(文&写真/ダン・アオキ)


[関連記事]
【検証2018-2019年の注目車③】COTY辞退が話題を呼んだ「フォレスター」の本当の実力

【スバル レヴォーグ試乗】走り、安全性、高級感を磨き、ワンランク上のスポーツワゴンへ

【VW パサート オールトラック試乗】SUV全盛の今こそ注目!悪路にも強いクロスオーバーワゴン


トップページヘ