全部で50種類!リンゴ王国・弘前はアポ―パイ王国でもあった!

ここしばらくの間 “アポー” が世界を席巻しているが、日本有数のリンゴの産地、青森・弘前は、ずっとアポーが席巻している土地。もちろん市民もよく食べるし、ジュースもよく飲む。市内のあちこちにリンゴを模したガードレールやモニュメントもあり、まさにリンゴ王国といった感じなのだ。

赤の王国を証明するかのように、弘前にはアップルパイのお店(種類)も多い。ある時、数を数えてみたら、なんと50を超える種類があり、数えた人が驚いたとか。市内にある47種類のアップルパイを紹介したガイドブックも作られ、スタンプラリー的に「全店回る」と息巻いているスイーツ好きもいるとか。

そんなスイーツ好きのため弘前市にある藤田記念庭園の大正浪漫喫茶室では、市内から選りすぐりのアップルパイ6種を集めて提供している。いつもは6種類だが、桜祭りの時期にはもう1種類加わり7種類になるという。

 

【次ページ】洋館で食べるリンゴの本場のアップルパイ