マダイ丸ごと1匹使って炊飯器で極上の「鯛めし」を作る方法【宅飲み家電 #01】

■お米に合う日本酒を添えて極上の晩酌を

ごはんには、米で作られたお酒がよくマッチします。日本酒か、焼酎なら米でできた球磨焼酎(「鳥飼」など)のようなお酒ですね。今回は「風露天青 特別本醸造」でいただきました。地元の湘南に残る、最後の蔵元・熊澤酒造が手掛ける日本酒です。

がっしりした旨味ながら、辛口ですっきりとしたキレの良い飲み口が特徴で、鯛めしの旨味と、優しく続く余韻がうまく同調します。ちなみに材料で使う<大さじ3の酒>も同じ日本酒を使うと、より酒肴としての相性が良くなりますよ。

炊飯器で炊いたごはんは、そのまま保温モードにして入れっぱなしにしてしまいがちですが、鯛めしの場合は、最初に食べたあと、すべて取り出して冷凍保存をおすすめします。翌日まで長時間炊飯器に入れっぱなしですと、やや魚臭さが出てきちゃうのと、炊き立てのおいしさをキープできなくなるからです。そんなときはおにぎりにして、冷凍保存がおすすめです。

また、パナソニックから新製品の「SR-VSX100」が6月に出るとのこと。炊き込みご飯がさらに美味しくなる機能付きなので、こうした家電もぜひ活用したいですね。

>> パナソニック「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 
Wおどり炊きSR-VSX109」

>> 【宅飲み家電】


[関連記事]
土鍋もアルミ鍋もOK!小さな卓上電気コンロでひとり鍋がはかどる!

水を入れたらあとは待つだけ!自動でカップ麺が出来上がり!

楽チンすぎ!ほっとけば炊飯と調理を同時にこなしてくれるって


取材・文/ナオ・サクライ

<プロフィール>
子供の頃、九州で、渓流から海まで、さまざまな釣りを経験したのち上京。学生時代から東京湾奥のシーバス釣りにハマったのを皮切りに、ありとあらゆる海のルアー釣りへとのめり込み、離島のショアGTや怪魚釣りなど、エクストリームな釣りを経験。今は家族や友人への食料提供を兼ね、東京湾の美味しい魚を船釣りで追いかける。現在のメインの釣りモノは、タイラバで釣るマダイ。

トップページヘ

この記事のタイトルとURLをコピーする