【趣味のためのクルマ選び】都会的でも冒険心をくすぐる!ジープ レネゲード

「アーバンサイズ。アドベンチャークラス。」

そんなキャッチフレーズで、2015年に日本上陸を果たしたジープ「レネゲード」。ここへきて、街中でもポツポツと見かけるようになりました。

初めてレネゲードを見た時は、その手頃な大きさと魅力的なスタイルゆえ「爆発的にヒットするのでは!?」と思いましたが、本国から日本市場に割当てられる台数の関係か、インポーターのキャパシティがいっぱいなのか、まだまだ路上で見掛けるレネゲードは“ちょっと珍しい”部類に入るでしょう。むしろ、クルマに趣味性を求める人にとっては、今くらいの遭遇頻度の方が、いいのかもしれません。

今回は、そんなレネゲードの4輪駆動モデル“トレイルホーク”をドライブし、ラゲッジスペースなどの使い勝手をチェックしてみました。

 <関連記事>

 【レネゲード試乗】見た目はポップ。でも中身はしっかりジープです

 【フィアット500X試乗】カワイイ見た目とは裏腹に、走りは意外と骨太

 ■兄弟車フィアット「500X」とは明確に差別化

続きを読む